FC2ブログ

アマゾンプライム会員特典に「新米刑事モース」S1&S2が入ったようです^^

Twitterでは何度かツイートしましたが、 
先週からアマゾンプライム会員特典に「新米刑事モース」S1&S2が追加されたようです。 
アマゾンプライム会員(月500円)だと無料で見られるのですが、 
いつまで特典にはいっているのか分からないので、 
いまのうちに、ぜひ、可愛いカワイイ♪若モースの姿を目に焼き付けてくださいませ! 

ちなみに、ちょうど今シネフィルWOWOWプラスがキャンペーンをしていて、 
月額390円のところ、8/13までの加入で99円で2ヶ月間視聴できるそうです。 
シネフィルWOWOWプラスには「刑事モース」S3&S4の視聴ができますので、 
S1&S2の続きを見たい方には朗報かと^^。  
アマゾンプライムは視聴できる人数も多そうなので、 
若モース人気がまたアップするといいなーと思っています♪ 

S1&S2の若モースは、まだまだ本当に素朴というか新米さんでカワイイですよー^^ 
だんだんと老モースの方向へ舵を切ってきたS6以降を見てから戻ると、 
いやーーホントに、いつ辞めてもおかしくないくらいだったのに、
よくぞここまで頑張ってきてくれたなーと改めて♪

さー次は米国PBSでの「刑事モース」"Endeavour"S7放送です♪

キャーーー来ましたよ😍😍🎉
PBS版"Endeavour"S7の予告映像がっ!!

WOWOWさんでようやく「刑事モース」S6の後半エピの放送が終わって、  
日本でも早めに次のS7を放送していただきたいなーと思うのですが、  
8月9日から米国PBSでお先に"Endeavour"S7の放送が始まります!! 
(州によっては、もう7月から放送してるところもあるようです)

予告だけ見ても特にそんなにS7のストーリー展開のことが分かる訳ではないですが、
小さなネタバレも厳禁という方はご注意ください。 

まずは英国ITV版のS7予告を少しPBS版に編集した予告編。
ITV版とバックの音楽が変わっているのと、
最後にS7で一番意味深だったシーンがブラックタイのモースと差し替えられています。


そして今日アップされていたPBS版のS7全体予告編。


予告からも伝わってきますが、雰囲気的に
ちょっとおどろおどろしいというかダークな雰囲気が漂っていて...
WOWさんで放送終了したS6E4が珍しく大団円という形で終わって、
ツイッターのTLでもあーよかった♪という声が大きいのですが、
またS7は今までのメランコリックな雰囲気に戻りそうな。
でもそれがエンデバーらしく...

いつものメランコリックなモースのテーマ曲に加えて、
S7では全エピ通してこのシリーズのテーマ曲のようになっているオペラ曲がありまして、
エンデバーの脚本家さんと作曲家さんが共同でオリジナルで作ったものです。
歌詞は英語をイタリア語に訳し、さらに古いイタリア語に直したという凝ったもので。
なので今のところ誰もその歌詞の内容を理解できてる人はいません。
きっと歌詞にも何かヒントがあると思うんですけど、
いつかインタビューとかで脚本家さん明かしてくださればいいなーと。
で、こちらにその録音風景がアップされています。
ドラマのネタバレは一切ありませんので、ご安心を。
ただ、S7はこの曲を中心に展開していくところがあって、
メランコリックな曲調にS7全体の雰囲気が出てるかなと思います。

来年の1月か2月辺りにWOWさんで見られればいいのですが、
三部作のようなS7、ぜひとも3エピ一挙放送にしていただきたいなーと。

あと、S7では、めちゃめちゃダンディな大人の雰囲気の
ブラックタイ姿モースをお楽しみに♪ 
S7はモースのブラックタイがシリーズ最多!3回も見られます^^


WOWOW「刑事モース」Case26,27("Endeavour"S6E3&4)日本初放送されました^^

待ちに待った「刑事モース」S6E3&4がようやくWOWOWさんで日本初放送♪
英国ITVでの放送が2019年2月~3月でしたので、1年4ヶ月遅れ。
まーあまりグチるのはやめて^^、とりあえずは祝・S6完結♪(ある意味S5も完結♪)

S6E3で、ちょっとこれは訳しにくいので
字幕でスルーされたけどちょっともったいない、というのと、
ちゃんと伝わったかな?と気になるセリフが2つあったので、
ぷらいべったーでアップしておきます。
トリビア的なものなので特に大きなネタバレないと思います、
S6E3を見る時に思い出してもらえれば...




で、こちらは、

*ネタバレあり*のS6E3&4の深掘りレビューです。

エピガイドは、いつになるか分かりませんが、
また別にゆっくり書こうかと思っていますが、
とりあえず、ちょっとだけパスワード付きでいくつか書きました。
WOWさんで新エピをご覧になった方と、未見でもネタバレOKの方はどうぞ♪

日本初放送「刑事モース」S6E3&4をちょっと深掘り*ネタバレしてます* 
こちらもパスワードは169です。


「刑事モース」Case26, 27 ("Endeavour"S6E3&4)の日本初放送を記念して、いろいろ振り返りコーナー♪

WOWOWさん、7月24日(金)「刑事モース」S6E3&4新エピ日本初放送の予告を
出してくださったことだし、今週辺りから、英国ITVや米国PBS放送時に出た、
S6関連の記事とかミニ動画クリップとかちょこちょこ振り返ろうかな、と。
撮影ロケがあった2018年と初放送2019年のS6関連情報を思いつくまま振り返ります😊

こちらに順番に追加していく予定です♪
ではでは、GO!

「刑事モース」S6関連情報リスト


2020-07-23更新NEW
⑩ いよいよ「刑事モース」S6E3&4の日本初放送が明日ですね^^
昨年、米国PBSで最終話が放送される前に出た可愛いカワイイ動画です。
笑顔が、もう、すべてがカワイイ^^



2020-07-17更新
⑨ 今度7/24に日本初放送の「刑事モース」S6E3"Confection"ロケ現場のお写真♪
モースがマックスと登場するシーンで、若モースでは初のオリエル・コレッジでの撮影中です。
ショーン君がここに初めてモースとしていらっしゃったのが嬉しかった1枚です^^


2020-07-11更新
⑧ 「刑事モース」S6E1"Pylon"のキャッスルゲート署前でのストレンジとモースのシーン撮影の合間のお写真。ショーン君が帽子を逆にかぶってストレンジ役のショーンさんが目を丸くしてるのが可愛くて♪ 残念ながらこの2人の撮影シーンはドラマではカットされてますが、休憩中はこんな感じでらっしゃったんですね^^


2020-07-08更新
⑦ 「刑事モース」は英国ITVで冬に初放送された後、米国PBSで夏に放送されるのが定期的なスケジュールになってますが、そのPBSでのプレス会見のショーン君お写真いろいろ♪
2019年2月にLAで開かれて、同じITV系列「グランチェスター」のトム・ブリトニーさんとエグゼクティブプロデューサーのレベッカ・イートンさんの2人と一緒に壇上に上がっておられます。
S6の撮影は2018年に終わったので、この時はすっきりおヒゲなしのお姿でした。
米国でも手元のカップはティーパックの入った紅茶っぽい^^?
(素のショーン君も大好きなんですが、いつもショーン君、モース役が終わるとバサーッと思いっきり短髪にされちゃうんですよねぇ。あのクリンクリン巻毛がなくなるのがちょっと寂しい、もうちょっと長めに切ってほしいなぁといつも思うのでした...)

2020-07-04更新
⑥ いつも現地から「刑事モース」のロケ写真をアップしてくださる方の写真ブログより、S6"Pylon"を監督されてるショーン君♪ いろいろ指示を出されたり、スタッフの皆さんと談笑されてるのも素敵です^^



WOWOWさん「刑事モース」マラソン(S5E3~S6E2)

今日はWOWOWさんで「刑事モース」一挙放送です!
ちなみに、なんでも今日7月20日は、1969年にアポロ11号が月面着陸して
宇宙飛行士たちが記念すべき一歩を刻んだ日なのだそうで。
今日の一挙放送の最後のエピ、S6E2"Apollo"は、
まさにモースが車の中でそのラジオ中継を聞いているシーンで終わるんですよね。
   
WOWOWさんの中の人、だれか今日のこのエピ放送を狙いましたか?(笑)

同じことを考えた人が英国ITVにもいたのか、
なんとITVでも今日7月20日にこの同じエピの再放送があるそうです。
偶然?誰か狙った?なんか面白いですね^^

ちなみに、これはホントに偶然ですが、今日はうちの息子の10歳の誕生日です。
月に人間が初めて降り立った日だなんて、まったく知らなかったので、
モースのおかげで知ることが出来てよかったです^^♪
(あ、でも、7月20日というのは海外の時間で、
日本時間での月面着陸は正確には翌日21日の朝だったそうです)

***追記(2020-07-21)***


面白い偶然だなーと思ったので、英語で
「刑事モース」脚本家さんルイス氏と
スーパーマリオネーション担当のStephenさんのアカウントに
英語でツイートしたら、
脚本家さんからは"One small step..."と月面着陸した宇宙飛行士の名言を
レス欄に書いていただきまして^^、
Stephenさんからは日本でも再放送がありましたとツイートをいただきました。

反応していただいて、とても嬉しかったです^^♪


「刑事モース」S5インタビュー動画「モースとジョーン」

 

今週はS6がようやくWOWさんで完結、
昨日は朝からS5&S6「刑事モース」マラソンでした~^^ 

そこで、S5関連のインタビュー動画のこちらも紹介しておこうと思います。  

ホントはBSプレミアムで放送された時に、と思ってたんですけど、 
モースとジョーンについて、ショーン君とサラ・ヴィカーズさんが 
いろいろと2人の関係について丁寧にお話してくださってるので、 
WOWOWでS5までご覧になったファンの方には、
そうなのかーという内容になってるのではないか、と。
S5脚本の読み通しの時のエピソードなども、
ショーン君が笑いながら紹介してくださっています。  

<S5のモースとジョーンについてネタバレがありますので、S5以降を未見の方はご注意ください>



「刑事モース」と「グランチェスター」の主演俳優さんコラボ動画♪

 

2019年夏に米国PBSでITVドラマ「刑事モース」"Endeavour"S6と
「グランチェスター」"Grantchester"S4が続けて放送された時に出た、
両ドラマ主演俳優さんコラボ動画です。
Twitterでも何度か紹介してますが、もうすぐWOWさんでS6完結♪記念に、
全体をざっくり訳しました。
お二人で、それぞれのドラマに出てくる人や場所、ファッションなどを並べて、
どっちがいいですか?と質問していくゲーム形式^^
なかなかどちらもお茶目さんな感じで、楽しい楽しい動画になっています。
ショーン君の素敵な大笑いも最後の方に(50秒辺り)入ってますので、ぜひ動画もご覧ください♪

特にドラマのネタバレはありません。



「主任警部モース」S4E4"MASONIC MYSTERIES"のいろんなイースターエッグ

「主任警部モース」のS4E4「魔笛〜メソニック・ミステリー」と
「刑事モース」のつながりについて思い出したことを書いています。

<若モースS6のネタバレが含まれます、お気をつけください>




S6のショーン君インタビュー映像*モースと女性との関係について



米国PBSで「刑事モース」S6が放送された時のインタビュー動画のひとつです。
ショーン君が、モースを演じる前に何をしたいと思っていたか、
モースという人物について一番興味を惹かれていることについて、
詳しくお話してくださっています。

S6放送時に出た動画ですが、モースというキャラクターについて全般的なお話をされてますので、特に大きなネタバレはありません。合間にS6の映像がちょこちょこ入りますので、S6のネタバレは一切ダメという方はお気をつけください。


PBSの"Endeavour"S6インタビューから、ショーン君と俳優・監督のお仕事について

Twitterで書くと長くなるので、ブログでつぶやきます^^;。

7/24のWOWさんS6新エピ初放送に向けて、どれを紹介しようかなーと
昨年の英国・米国でのS6放送時のいろいろファイルを見返してるんですが、
やっぱり米国PBSのショーン君インタビューは最高だなぁと♪

https://www.pbs.org/wgbh/masterpiece/podcasts/masterpiece-studio/evans-shaun/#

昨年もTwitterで部分的に訳して内容を紹介してたんですが、
文字起こしと音声と両方あって、
(写真の下のMP3ファイルのバーを押すと音声の再生が始まります、
右端の点々のところからMP3ファイルをダウンロードもできます)
訳す時は文字起こしの方を読むことが多いんですけど、久しぶりに音声を聞くと、
ところどころにショーン君の大笑いが結構あって、(20分20秒辺りと32分30秒辺り♪)
ホントにショーン君の笑い声を聞くと、改めてあーホントに素敵な人だなーと^^。
なんかこう、イタズラっ子みたいな、心からの笑い声なんですよね♪

S6E2"Apollo"ではショーン君が監督をなさってますが、
ロジャー・アラムを監督するというのはどんな感じですか?と聞かれたショーン君、
ロジャーさんのことをロッジと愛称で呼んでらっしゃるんですけど、
もう、「とてもとても大切な友達で」"a dear, dear friend"から始まって、
ロジャーさんがいかに素晴らしい俳優さんか、
長年一緒に仕事をしてきてロッジが何をしたいと思ってるか分かるようになった、と。
そこから監督さんのお仕事の話をダーッとされてて。


(以下抜粋)
ショーン:
...僕たち(ショーン君とロジャーさん)は仕事のやり方が似ていて。撮影のことをとても気にかけてはいるけど、同時に笑うのが大好きでユーモアのセンスがあるんだ。でも撮影を甘く見てる訳ではなく。ロジャーもプロデューサーでもあるので、僕たちは仕事のことを真剣に考えている。何年もロジャーと付き合ってきたので、僕は彼が俳優として何を求めているか分かるんだ。思うんだけど、仕事をするのに最高のやり方というのは、全員がいい仕事ができる雰囲気を作り出すことにあるんだ。だから、クリエイティブになるのに気軽で楽しくて自由な雰囲気をもし作ることができたら、もう道を半分来たも同然なんだ。
もしキャラクターたちがその場面でどう動いてくか明確に分かっていて、しかもそこに自由があれば、その場面そのものが自然に出来上がっていく。僕たちの番組のような俳優たちを幸運にも得ることができたら、彼らは [略] 自分たちがどう動けばいいか、その場面がどういうものか分かっている人たちで、違うアイデアを受け入れる用意、そして自分たちについてでなく自分たちが(番組)全体の一部であることを受け入れられる、そうなればとても仕事がやりやすい関係なんだ。それに、僕たちは何年も一緒にやってきてるから、(何かあったとしても)僕が皆に悪気がないんだと分かってることを皆が知ってるし、僕もそうだと皆が知ってるから、とてもシンプルなこと。分かるでしょう?「このセリフを言おう、僕はここで人が入ってくると思うんだ、ちょっとリハーサルをしてやってみようか?」「いいね、もし他にいいアイデアを誰ももってなければ、そうしよう」「OK、かわりにこうしてみよう」心を開いている(=openness)、というのが大事なんだ。監督ひとりのことでなくて、ストーリーについて、場面について、やっていくのが大事であって。ロジャーはその点で素晴らしいし、他の全員がそうなんだよ。


監督ショーン君、ホントにいいなぁと^^。
オクスフォードでのロケ現場を見学されたことのある
海外のファンの皆さんのトークをときどきTLでちらちら見かけるんですけど、
皆さんが口を揃えておっしゃるのは、
ショーンは本当に俳優の仕事、監督の仕事、を愛していると。
見てるとそれがこちらに伝わってくる、
大好きなことを心から楽しんでやってるのが分かる、というのを、
何度も何度もいろんなファンの皆さんがおっしゃっていて。
インタビューを読んでいても、ホントにショーン君が
お仕事を心から愛してらっしゃるのが伝わってくるので、
あーやっぱり近くでその仕事ぶりを見た人もそう思うのだなぁと♪ 

なんか発作的にとりとめなく語ってしまいました、スミマセン^^;。